google.com, pub-6909761134723613, DIRECT, f08c47fec0942fa0

図書かふぇ やまね洞 で居眠りしていたいけど(本屋が本と本屋などなどに関することを書いてます)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「文化」「本」「本屋」「珈琲」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

書評本4月第2週セレクト分はこちらでした。【本おとどけ便】書評シリーズ

今週の本おとどけ便 書評シリーズ です

貧乏暇なし、とは言い得て妙なところで。
24時間の使い方の見直し、調整をしつつ、作業がスムーズに進む・・・とはなかなかいかないでいます。ほんと、ロートル化は着実に進むです。

f:id:yamane0203:20210417151559p:plain

東都名所 新吉原五丁目 弥生花盛全図 国会デジタルコレクション

ぎりぎり何とか確定申告が片づき、ようよう次の課題に取り組めます。

次の課題その1は、キーボードで一番多用していると思われる左側のShiftキーが、押せたり押せなかったり、食い込んだりしているので、これを何とかすべきなのか、このまま行くかですね。

課題その2は、今後必要になりそうなものの情報整理とセミナー受講など。
食品衛生責任者の講習申込み、自治体等の各種支援情報、認知症サポーターの講習とか、書類作成も含めてなんとか進めねば。

課題その3。paypay導入。
まだ一箱古本市の再開は先のことのような気がしていますが、導入はしておきたいかな、と思っています。

まだまだ続く・・・・💧

新聞書評欄に掲載された本から、猫店員がピックアップしたのは。

f:id:yamane0203:20210417152743j:plain

f:id:yamane0203:20210417152800j:plain

f:id:yamane0203:20210417152816j:plain

48冊となりました。
この中から、リトルスタッフへ1便5冊をお届けしました。

 

 

書評シリーズのおとどけ方法

おとどけといっても、選んだ本が直接お手元にすぐ届くというわけではありません。
10冊の場合は2便にわけて、リトルスタッフ に投稿しています。
毎週火曜日の予定です。

www.littlestaff.jp

リトルスタッフとは? 

リトルスタッフは本屋とファンをつないで、継続的に本屋を応援するためのサービスです。*1

 リトルスタッフに参加している本屋さんは、現在42店舗*2で、実店舗のある本屋さんも、無店舗の本屋さんもいますが、なかなかに個性十分な本屋さんばかりです。トップページの「本屋一覧」でご覧になれます。
実店舗の本屋さんだと、ひるねこBOOKSさん(4/22移転オープン!)、双子のライオン堂さん、書肆スーベニアさん、本屋lighthouseさん、NENOiさん、乃帆書房さんなどがいらっしゃいますです。
応援したい本屋さんを選んで、プラン(月額300円から。初月無料)を決めれば、その応援はそのまま本屋さんへ届きます。

本おとどけ便 書評シリーズの仕組み(今のところ)
  1. 毎週火曜日(予定)に、書評掲載本の中からセレクトした5冊または10冊の書影を、リトルスタッフのやまね洞の購読者さまにお届けします。購入希望の本がありましたら、応募してください。(noteにも同様の仕組みを設定できないかと考えています)
  2. 1週間後に結果が判明します。
  3. 応募が確定しましたら、入荷手配を進めます。
  4. ご希望された本が入荷したら、そのまま取り置き、または郵送で対応します。
  5. ご要望により、関連する古本をつけたセットでおとどけすることもできます(その際には300円の追加のご負担をお願いいたします)。
  6. 細かい内容や具体的なところは、SNSのDMやメールでやりとりをさせていただければと思います。 

 

お手元に届くまで少々お時間はいただきますが、それもまた楽しいひとときと思います。よろしくお願いします。

 

本がそばにある暮らしを楽しんでいただけますように。

 

*1:リトルスタッフのトップページより。仕組みについてはこちらから。

*2:2021年3月段階。

Copyright やまね洞 2020 All Rights Reserved.