google.com, pub-6909761134723613, DIRECT, f08c47fec0942fa0

図書かふぇ やまね洞 で居眠りしていたいけど(本屋が本と本屋などなどに関することを書いてます)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「文化」「本」「本屋」「珈琲」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

書評本7月まとめてお知らせします 書評掲載本から選んでお届けするために選んだ本。【本おとどけ便】

今週の本おとどけ便 書評シリーズ です

連日、猛暑日が続いています。
新聞書評欄のセレクト本のお知らせが遅滞しまくり、とうとう1か月分まとめて出すしかない!となりました。
ご寛恕のほどをお願いします。

かなり長くなりますが、1か月分、出します。出させてください。お願いします。

 

f:id:yamane0203:20210801153852j:plain

十二ヶ月の内 六月 門と涼 英泉 国会デジタルコレクション

今週の #旧暦 の投稿で使用した画像の中からの1枚はこれにしました。
夏の夜は、道にみんなが出てきて、それぞれに涼んでいました。
町のあちこちには麦湯屋。メニューは、麦湯、桜湯、くず湯、あられ湯のみ。

 

新聞書評欄に掲載された本から、猫店員がピックアップしたのは。

第1週から順番に。

f:id:yamane0203:20210801154405j:plain

f:id:yamane0203:20210801154425j:plain

f:id:yamane0203:20210801154441j:plain

計 41 冊。
この中から、リトルスタッフへ1便5冊をお届けしました。

では続けて第2週。

f:id:yamane0203:20210801154742j:plain

f:id:yamane0203:20210801154809j:plain

f:id:yamane0203:20210801154829j:plain

計 46 冊。
この中から、リトルスタッフへ1便5冊をお届けしました。

さらに第3週分。

f:id:yamane0203:20210801155010j:plain

f:id:yamane0203:20210801155030j:plain

f:id:yamane0203:20210801155047j:plain

f:id:yamane0203:20210801155109j:plain

62 冊。
この中から、リトルスタッフへ1便5冊をお届けしました。

そしてラスト。第4週です。

f:id:yamane0203:20210801155535j:plain

f:id:yamane0203:20210801155619j:plain

f:id:yamane0203:20210801155641j:plain

計 42 冊。
この中から、リトルスタッフへ1便5冊をお届けしました。

先ほど、この書影の画像を作ろうとしたら、デスクトップでそのソフトが立ち上がらなくなりまして。何が起きたのか、謎です。どうしたら直る??

重複して選んでいる本もありますが、単純に4回分を合わせると191冊。
並んだなあ・・・。

購入したいなあと思う本があったら、お気軽にご連絡ください。
新刊書として扱い済みのものもありますが、まだセットを作るところまでに至らず。
何とかせねば。

何か動けるかなと思うと緊急事態宣言の繰り返し。
今年のおみくじも「焦るな」と言っているとはいえ、なかなかしんどいものがあります。いろいろな書類作成の時間を増やさねば・・・。

 

書評シリーズのおとどけ方法

おとどけといっても、選んだ本が直接お手元にすぐ届くというわけではありません。
リトルスタッフ というネット上の本屋応援サービスに1便5冊を投稿という形で書影をお届けします。
毎週月曜日の予定です。
次回のおとどけは、8月2日の予定です。

www.littlestaff.jp

リトルスタッフとは? 

リトルスタッフは本屋とファンをつないで、継続的に本屋を応援するためのサービスです。*1

 リトルスタッフに参加している本屋さんは、現在42店舗*2で、実店舗のある本屋さんも、無店舗の本屋さんもいますが、なかなかに個性十分な本屋さんばかりです。トップページの「本屋一覧」でご覧になれます。
実店舗の本屋さんだと、ひるねこBOOKSさん、双子のライオン堂さん、書肆スーベニアさん、本屋lighthouseさん、NENOiさん、乃帆書房さんなどがいらっしゃいますです。
応援したい本屋さんを選んで、プラン(月額300円から。初月無料)を決めれば、その応援はそのまま本屋さんへ届きます。

リトルスタッフからいただいた応援金は、半分をやまね洞の活動費、半分を社会福祉団体等に寄附しています。

本おとどけ便 書評シリーズの仕組み(今のところ)
  1. 毎週月曜日(予定)に、新聞各紙の書評に掲載掲載された本の中からセレクトした、5冊の書影をリトルスタッフのやまね洞の購読者にお届けします。

  2. 購入希望の本がありましたら、取り置きの応募をしてください。

  3. 5日後に締め切ります。

  4. 応募の確定後に入荷手配を進めます。

  5. ご希望の本が入荷しましたら、取り置きまたは郵送で対応します。

  6. ご要望により、関連する古本とセットにしてお届けすることもできます。(その際には300円の追加のご負担をお願いいたします)

  7. 細かいところは、SNSのDMやメールにて対応させていただければと思います。

後日、そのうちの1冊+α、セットを作るとすると。どうしようかなと考えているところから、#ころころ連想 #こんな本あります という形で本の組合せをInstagramで試してみる形をやりはじめました。

お手元に届くまで少々お時間はいただきますが、それもまた楽しいひとときとなればいいなあと思うばかりです。よろしくお願いします。

 

本がそばにある暮らしを楽しんでいただけますように。

 

*1:リトルスタッフのトップページより。仕組みについてはこちらから。

*2:2021年7月段階。

Copyright やまね洞 2020 All Rights Reserved.