google.com, pub-6909761134723613, DIRECT, f08c47fec0942fa0

図書かふぇ やまね洞 で居眠りしていたいけど(本屋が本と本屋などなどに関することを書いてます)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「文化」「本」「本屋」「珈琲」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

書評本6月第3週 書評掲載本から選んでお届けするために選んだ本。【本おとどけ便】

今週の本おとどけ便 書評シリーズ です

湿気がしんどいです。
ブログへの投稿が遅れました。

この26、27日は、サラリーマンの方々は給料&ボーナスが出た直後の週末*1
きちんと時期を見て、商機をつかむ方々であれば、キャンペーンやらポスティングやら、クーポン発行とか、ポイント倍増とか、あらゆる手段をもって、皆様のおサイフに狙いをつけることでしょう。
新聞折り込みチラシの枚数がどっと増えてるなあとか、人出が増えてるなあとつらつら思いながら、そうか~、一箱古本市もどきの写真を作ってSNSに上げればよかったと思い至るという、稼ぐ力がとことん低いひとり本屋です。とほほ。

当店、ほぼ引きこもりで人脈も薄く、本屋業のほかは、ライスワークになりきれない在宅ワーク、日常生活、金策、「本のある小さな部屋」実現のための出店地模索などをひとりでこなしきれずに、ちょっとずつちょっとずつ作業ノルマの山と本の山を積み上げている状況・・・。

そんな感じに積み上がっているものの一つに、#旧暦 の一環としての #明治40年代の明治 シリーズとか、ひとり読書会といったコンテンツがあります。
どちらも、なかなかうまくできないな~と考えていたら詰まってしまって、そのままになっているというもので、ひとり読書会は、貝原益軒(養生訓を書いた江戸時代の人)の『楽訓』の読書の項目をまとめた後、とんでもない繁忙期が乱入して止まりました・・・。

ちなみに、ちまちま読んだものの現代語部分をまとめた読書の項はこちらです。

note.com

ひとり読書会だけでもどうにかしたいと思っていますが、ロートル化が進んでいて、個々の作業にかかる時間は確実に長くなっているし、睡眠時間を確保しないとまあ動きが悪くなること、悪くなること。睡眠、体を休めることって本当に大事ですね。

 

f:id:yamane0203:20210628113853j:plain

赤坂 桐畑 雨中夕景 (名所江戸百景)国会デジタルコレクション

 

今週の #旧暦 の投稿で使用した画像の中からの1枚はこれにしました。
赤坂のあたり。
土手沿いの治水対策で、桐の木をたくさん植えたことから、「桐畑」と呼ぶようになったそうです。

新聞書評欄に掲載された本から、猫店員がピックアップしたのは。

f:id:yamane0203:20210628115138j:plain

f:id:yamane0203:20210628115223j:plain

f:id:yamane0203:20210628115238j:plain

40 冊。
この中から、リトルスタッフへ1便5冊をお届けしました。

まとめて書影をご紹介です。
購入したいなあと思う本があったら、お気軽にご連絡ください。

書評シリーズのおとどけ方法

おとどけといっても、選んだ本が直接お手元にすぐ届くというわけではありません。
リトルスタッフ というネット上の本屋応援サービスに1便5冊を投稿という形で書影をお届けします。
毎週月曜日の予定です。
次回のおとどけは、6月28日の予定です。

www.littlestaff.jp

リトルスタッフとは? 

リトルスタッフは本屋とファンをつないで、継続的に本屋を応援するためのサービスです。*2

 リトルスタッフに参加している本屋さんは、現在42店舗*3で、実店舗のある本屋さんも、無店舗の本屋さんもいますが、なかなかに個性十分な本屋さんばかりです。トップページの「本屋一覧」でご覧になれます。
実店舗の本屋さんだと、ひるねこBOOKSさん、双子のライオン堂さん、書肆スーベニアさん、本屋lighthouseさん、NENOiさん、乃帆書房さんなどがいらっしゃいますです。
応援したい本屋さんを選んで、プラン(月額300円から。初月無料)を決めれば、その応援はそのまま本屋さんへ届きます。

リトルスタッフからいただいた応援金は、半分をやまね洞の活動費、半分を社会福祉団体等に寄附しています。

本おとどけ便 書評シリーズの仕組み(今のところ)
  1. 毎週月曜日(予定)に、新聞各紙の書評に掲載掲載された本の中からセレクトした、5冊の書影をリトルスタッフのやまね洞の購読者にお届けします。

  2. 購入希望の本がありましたら、取り置きの応募をしてください。

  3. 5日後に締め切ります。

  4. 応募の確定後に入荷手配を進めます。

  5. ご希望の本が入荷しましたら、取り置きまたは郵送で対応します。

  6. ご要望により、関連する古本とセットにしてお届けすることもできます。(その際には300円の追加のご負担をお願いいたします)

  7. 細かいところは、SNSのDMやメールにて対応させていただければと思います。

後日、そのうちの1冊+α、セットを作るとすると。どうしようかなと考えているところから、#ころころ連想 #こんな本あります という形で本の組合せをInstagramで試してみる形をやりはじめました。

お手元に届くまで少々お時間はいただきますが、それもまた楽しいひとときとなればいいなあと思うばかりです。よろしくお願いします。

 

本がそばにある暮らしを楽しんでいただけますように。

 

*1:しがない個人事業主の頭には全く存在しない事態。

*2:リトルスタッフのトップページより。仕組みについてはこちらから。

*3:2021年6月段階。

Copyright やまね洞 2020 All Rights Reserved.