図書かふぇ「やまね洞」で居眠りしていたいけど(猫店主の活動報告・本に関するあれこれとか)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「本(たまにマンガ)」「珈琲」「糖尿病」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

先月1か月のまとめ:#新刊 の紹介ツイートで反応が高かった本 2018年10月分

図書かふぇ やまね洞の猫店主です。

無店舗ゆえの苦肉の策で、Twitterを用いて、#新刊 でました、とか、#○○月刊行予定本です とかといったタグをつけています。
これは、ほぼこの1か月の間に刊行された新刊本、また、2か月程度先に刊行が予定されている本の中から猫店主が気になったり、これはいいかもという本を紹介しているものです。

今回は、1か月分のデータから紹介してみようと思います。

2018年10月の1か月間で見ていただけたツイート(本)がどれだったか、上位から10点程度を載せていきたいと思います。

好反応をいただいたのは以下の本でした。
この中では、トップの『にっぽんツバメ便り』がダントツの反応をいただきました。
ありがとうございます。

ではでは、行きまあす。

~こんなのが読まれました~

これらのツイート(本)でした。

それではまた来月に報告します。ごらんいただきありがとうございました。

Copyright やまね洞の居眠り猫 2018 All Rights Reserved.