図書かふぇ「やまね洞」で居眠りしていたいけど(猫店主の活動報告・本に関するあれこれとか)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「本(たまにマンガ)」「珈琲」「糖尿病」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

うきわでたぷたぷしてる よまにゃ に引かれて、今年のナツイチのラインナップを眺めてみました

本屋さんのカウンターで、青い「ナツイチ」と黄色い「新潮文庫の100冊」の冊子をもらってきました。

bunko.shueisha.co.jp

 

よまにゃのしおりは入手できていません(笑)。

 

今回のナツイチの対象とされた本を眺めてみて、ふと、思ったことを素直に書いてみようかと思いました。

 

<ほっこりする本 よまにゃ>

原田マハ氏の『フーテンのマハ』を発見。

→  これ、ナツイチ前に買っちゃったよ。

 

<切ない本 よまにゃ>

林真理子氏の『白蓮れんれん』
→  『炭に白蓮』(山田圭子氏のコミックス)はどこまで進んだんだろう?

 

<すっきりする本 よまにゃ>

阿部暁子氏の『室町繚乱』
→  ずっと気にはしているのだけど~そうか~ナツイチに入るのかあ~見てみるかあ~

 

<ドキドキする本 よまにゃ>

久坂部羊氏の『嗤う名医』
浜辺祐一氏の『救命センター「カルテの真実」』
→  ドキドキに入るのか~。病院の話は気になるのだ。

 

<なるほど!な本 よまにゃ>

池波正太郎氏の『江戸前 通の歳時記』
→  あれ?これ持ってたっけ???

 

おかげさまで(?)全ジャンルに対して何らかのコメントを書くことができました。


以上です。
次回は「新潮文庫の100冊」でやってみたいと思います。

 

Copyright やまね洞の居眠り猫 2018 All Rights Reserved.