図書かふぇ「やまね洞」で居眠りしていたいけど(猫店主の活動報告・本に関するあれこれとか)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「本(たまにマンガ)」「珈琲」「糖尿病」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

よまにゃ に引かれた続きで、キュンタの「新潮文庫の100冊」ラインナップも眺めてみました

本屋さんのカウンターで、青い「ナツイチ」と黄色い「新潮文庫の100冊」の冊子をもらってきました。

 

www.100satsu.com


 キュンタの「新潮文庫の100冊」。
今年のラインナップを眺めて、思ったことを書き散らし。

 

<恋する本>

赤川次郎/新井素子/石田衣良/荻原浩/恩田陸/原田マハ/村山由佳/山内マリコ「吾輩も猫である」
カバーの画がいい! 猫アンソロジー、やっぱり見るか。

「赤毛のアン」
アンシリーズ1冊目は、"恋"なのか??

<シビレル本>

伊丹十三「ヨーロッパ退屈日記」
"この人が「随筆」を「エッセイ」に変えた。"
それはしらなんだ。読みます。はい。不勉強でした。

 

<考える本>

色川武大「うらおもて人生録」
色川氏の本にこういうのもあったのか。

森下典子「日々是好日」
お茶=お抹茶? 日常的にはほうじ茶びいきなのだけど。

杉浦日向子「一日江戸人」
今年の不忍ブックストリートでサイン入りをゲットし損ねた。

 

<ヤバイ本>

万城目学「悟浄出立」
ちょっとおもしろそう。

 

<泣ける本>

角田光代「さがしもの」
もともと酒井順子氏は読んでいるのだが、最近、群ようこ氏とか、三浦しをん氏とか、気になる人が増えてる。角田光代氏もその1人。

 

 

<全体的に・・・>

100冊は、やっぱり多い。
でも、100冊もあるのに、読んでない本がかなりあるって、どんだけ違うところのものを読んでるんだろう・・・。

 

以上。

 

Copyright やまね洞の居眠り猫 2018 All Rights Reserved.