図書かふぇ「やまね洞」で居眠りしていたいけど(猫店主の活動報告・本に関するあれこれとか)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「本(たまにマンガ)」「珈琲」「糖尿病」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

おたいまつ を見られた方もそうでない方も。来年に向けて楽しみをましてみませんか。

奈良に春を告げる行事である、東大寺の修二会(しゅにえ)。
法会の準備段階から含めると、約1か月にわたり行われるこの法会(ほうえ)は、奈良時代から途絶えることなく行われてきたとされています。

 

著者: 佐藤道子 (さとう みちこ)
『東大寺 お水取り 春を待つ祈りと懺悔の法会 朝日選書852
朝日新聞出版 2009年2月

f:id:yamane0203:20190325091807j:plain

東大寺お水取り おたいまつ 達陀(だったん)

長年この法会を研究されてきた著者が、" おたいまつ "*1だけではない、修二会全体の神秘さ、奥深さを、具体的な行事の進行を紹介しつつ整理されています。
一般の人がうかがい知ることがなかなかできない、法会の詳細を知ってから来年のおたいまつを見に行くと、より楽しむポイントが多くななるのではないでしょうか?(気が早すぎるって?)

東大寺お水取り

東大寺お水取り

  • 作者:佐藤道子(仏教芸能)
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発売日: 2009年02月

 文字よりも写真で知りたいと思われる方には、こんな本も。 

東大寺お水取り普及版

東大寺お水取り普及版

  • 作者:堀池春峰
  • 出版社:小学館
  • 発売日: 1996年05月

*1:12日の「達陀」。この火を浴びると1年間無病息災だといわれます

Copyright やまね洞の居眠り猫 2019 All Rights Reserved.