google.com, pub-6909761134723613, DIRECT, f08c47fec0942fa0

図書かふぇ やまね洞 で居眠りしていたいけど(猫店主の活動報告・本に関するあれこれとか)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「本」「珈琲」「糖尿病」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

豆が調達できないでいるので、紙上コーヒータイムに逃亡中。

手持ちのコーヒー豆の在庫がなくなりました。
補充できるまでにもう数日かかりそうな気配濃厚なため、コーヒー本を手にとって、気分だけコーヒー気分にひたろうと、なさけない状態になっています💦

コーヒーの博物館に行くには、この本で。
1987年に開館し、2013年にリニューアルしたUCCコーヒー博物館。神戸まではようよう行けないので、紙上で展示体験。

コーヒーに関するあらゆることが出てきます。コーヒーの木から豆の話、収蔵するコーヒーカップのコレクションが並ぶのは当然ですが、絵画、切手、音楽、健康に関することまで言及するのはさすが。

もっとうれしいのは、水の解説のページに「世界の水の硬度スペクトル」が図版として収録されていて、その隣に、味、香りに関する評価用語の基本があること。
酸味とか渋味とか、豆の説明でよく使われるのだけど、"何となくこうかな・・・"と思っていたところを補正できるんです。

 

f:id:yamane0203:20190328163800j:plain

コーヒー豆をゆっくりひいて

 

著者:UCCコーヒー博物館
『図説 コーヒー 』ふくろうの本
河出書房新社 2016年10月
ISBN: 978-4-309-76243-2

 

 図説 コーヒー

図説 コーヒー

  • 作者:UCCコーヒー博物館
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日: 2016年10月27日

Copyright やまね洞 2019 All Rights Reserved.