図書かふぇ「やまね洞」で居眠りしていたいけど(猫店主の活動報告・本に関するあれこれとか)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「本(たまにマンガ)」「珈琲」「糖尿病」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

【病歴記録 糖尿病】 糖尿病と診断されて、しょうがない、ちょっと勉強せねば~、やせねばならぬとな。

なあんにも知らず、食べたいときに食べたいものを食べていた猫店主に「糖尿病」のお墨付きがついたのが約5年前のコト。

 

この経緯は前の記事で紹介済みなので、こちらをごらんください。 

 

blog-yamanedo.ieneko-sha.com

 

 

そんなことを唐突に言われても、何をどうしろというのだと固まりました。


先生は、「まずやせること。あとは食事に注意して、運動してね」というコメントのみ。

 

おいおい、と思いつつも、しょうがない、ちょっと勉強するかということにして、まずはネット検索。

 

それで、以前にもふれた

糖尿病ネットワーク Diabetes Net. - 生活エンジョイ物語

を発見。
情報量ハンパなし。
あまりにも多いので、初心者コーナーから読み始めました。
その中でも、「糖尿病3分間ラーニング」が分かりやすい。
今も時折見ています。

 

それから、やせろということなので、本格的にダイエットに取り組み始めました。

  

1食当たり糖質量20グラム程度を摂取するもの)

 

  • ブログ・サイト「体重はカロリーだ!」で提唱されている

 体重方程式-体重を減らすと生活習慣病が治る

 

これらを参考にして、まずはご飯を外して、ライ麦パン(ライ麦使用率80%以上)にチーズを乗せたトーストを朝に食べるのが唯一の炭水化物の主食として、ベジファースト食をはじめました。

 

ダイエットに着手した当初は、体重およそ80キロ、BMIも30超えでした。

 

4カ月を過ぎたころから、70キロを切るようになりました。
8カ月以降は、だいぶ安定してきて、下げ止まり感が出ました。65~66キロ前後を行ったり来たり。


1年過ぎたころから、1日糖質量130グラム上限ゆるやかな糖質制限*1を続けています。

 

そのせいか、体重は今も下げ止まったあたりでとどまっています。

ただ、じりじりと血糖値は上昇傾向にあると思われるため、お医者には、「もっと体重落として」とか言われるのですが、減らないんですよ、これが。

どうしたらいいか、よく分かりません。

正直、これ以上食べる量は、減らしたくないところです。
使える材料がそもそも制限されているわけですし、おいしく食べたいじゃないですか(それが問題なのか?)。

ダイエット開始時と現段階で食べているもので、違う点は

 

ライ麦パントーストを玄米ベースの雑穀米にした

 

小松菜ときのこの野菜炒めを白ワインビネガーのドレッシングをかけたサラダにした

 

このくらい。
何で減らないんでしょう。
運動量は当初より増えているんじゃないかと思うのだが。

 

*1:山田悟 北里大学北里研究所病院糖尿病センター長『糖尿病食事療法の選択肢を増やす「緩やかな糖質制限」ハンドブック』日本医事新報社 2014年 2018年1月に第2版が出ました

Copyright やまね洞の居眠り猫 2018 All Rights Reserved.