図書かふぇ「やまね洞」で居眠りしていたいけど(猫店主の活動報告・本に関するあれこれとか)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「本(たまにマンガ)」「珈琲」「糖尿病」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

やまね洞の本棚に並ぶ本たちについて

当店の書棚に並ぶ本は、明らかな傾向があります。

今年に入ってから、図書リスト(全部ではありませんが、数千冊単位、そこそこ入っていました)を保存していた1TBのハードディスクを読み込むことができなくなり、概要やら概数が全くわからんちん、になってしまいました。

読み込めなくなってしまった図書リストの再入力を目論んでいるのですが、なかなか進みません。

 

ですが、まあ、おおよその傾向として 小説 は少ないはずです。

日本の歴史 に関するものが多いかもしれません。
美術、日本文化 に関するものもあると思います。
マンガ も一定程度量あると思います。

難しい理系の本は並んでいないと思います。
何を隠そう、猫店主が小学校も高学年のころ、算数に取り組んで、だんだん、何を問われていて、何を回答すればいいのかがわからなくなっていき、中学に上がって数学という教科書を開いたときに、こぼれ落ちました。
開いて読もうとしても、数行で沈没します。

 

この書棚に並ぶ本の中から、POPを書くというよりは、少し長く、深めに紹介していけないだろうかと思考中。
徐々に書いてみます。
よろしくお願いします。

Copyright やまね洞の居眠り猫 2018 All Rights Reserved.