図書かふぇ「やまね洞」で居眠りしていたいけど(猫店主の活動報告・本に関するあれこれとか)

"エア"な店「やまね洞」のひとり者、猫店主が、本やら珈琲やら喫茶やらのまわりをのそのそしています。 主に「歴史」「本(たまにマンガ)」「珈琲」「糖尿病」「介護」「終活」といったテーマを行ったり来たり。

【図書紹介】子どものころから好きなお話なんです。 

「日本のシンデレラ」という話を聞いて、手に取ったんじゃなかったかと。

平安中期にできたとされる落窪物語(おちくぼものがたり)。


中納言殿(中流貴族ってところですかね)の先妻の子である、女君(めぎみ)は、現在の北の方(女あるじ)に疎まれていました。

日の当たらない落ちくぼんだ部屋で、裁縫仕事を日々命じられています。
それは、姫君としての生活ではなく、もはや女官のような扱い。

このシチュエーションがシンデレラと同一視されるところなんでしょう。
話が進んでいくと、違いがはっきりしていきます。

 魔法使いは出てこないですよ。

どちらかというと、落窪の君(女君)が右近の少将(上流貴族のイケメン)と結婚してから、女君かわゆしの少将が、中納言殿の北の方に対して嫌がらせ、意地悪を繰り返すところの話のほうが長い。

 

子どもですから、古文は読めません。
現代文に訳された本を読んだはずですが、どの本だったかは記憶にありません。
子ども向けの古典をダイジェストしてまとめたものだったかも。

 

今までに複数人の方によって現代文に訳されて、小説になっています。


1977年 田辺聖子(たなべ せいこ)氏
1993年 氷室冴子(ひむろ さえこ)氏

この中でも、氷室冴子氏のものは今でも販売中。

田辺聖子氏は、『舞え舞え蝸牛』と『おちくぼ姫』の2種あります。

 

さらに、マンガになっているものも。

1999年 花村えい子

これも買いましたね。持ってます。
花村えい子氏のきれいな線がいい雰囲気で。
でも、枚数の加減か、内容はダイジェスト版なんです。

 

そして、現在鋭意連載中なのが、氷室冴子氏が原作の『なんて素敵にジャパネスク』をマンガ化した、山内直実氏による『おちくぼ』1~5。

 

  おちくぼ(花とゆめCOMICS) 5巻セット
  

honto.jp

 

きちんと古典作品に沿ってストーリーが進んでいます。
そろそろ折り返し点といったところでしょうか。
次を待っている状態です。

 

岩波文庫もあるのですが、やはり、『新 日本古典文学大系』で読み直したいかと。

Copyright やまね洞の居眠り猫 2018 All Rights Reserved.