google.com, pub-6909761134723613, DIRECT, f08c47fec0942fa0 google.com, pub-6909761134723613, DIRECT, f08c47fec0942fa0

やまね洞 で居眠りしていたいけど(ひとり本屋のぶつぶつ)

ひとり本屋「やまね洞」の中のねこ店員(ニンゲン)が、本などの話を思いつくままに。

2024年4月22日は旧暦3月14日です。二十四節気 次の「立夏」は5月5日から。

ちょっとはた迷惑に思われていたのは武家の遠乗りだったようです。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月21日は旧暦3月13日です。二十四節気 次の「立夏」は5月5日から。

町の出入り口には木戸があり、四つ角には決まった小屋や髪結いの店がありました。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月20日は旧暦3月12日です。二十四節気 次の「立夏」は5月5日から。

植木売りは季節の草木をあちこちの社寺の縁日等に開かれる植木市でも見られました。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月19日は旧暦3月11日です。二十四節気 「穀雨」スタートです。

下谷の鎮守下谷稲荷で祭礼。向かいの広徳寺の稲荷と呼ばれたりしますが、実は全く関係なく、別当は正法院です。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月17日は旧暦3月9日です。二十四節気 次の「穀雨」は4月19日から。

中山法華経寺では毎年恒例の法華経の千部読誦が始まります。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月18日は旧暦3月10日です。二十四節気 次の「穀雨」は4月19日から。

3月21日の弘法さんに向けて、江戸でお遍路をする人もいました。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月16日は旧暦3月8日です。二十四節気 次の「穀雨」は4月19日から。

ちいさなピンクなどの花が敷き詰められる尾久の原は桜草の名所でした。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月15日は旧暦3月7日です。二十四節気 次の「穀雨」は4月19日から。

黄色い花を咲かせる山吹。江戸のあちこちで見られましたが、特に見ごたえのある場所がいくつかあったようです。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月14日は旧暦3月6日です。二十四節気 次の「穀雨」は4月19日から。

この時期は、桜だけでなく、梨の花も楽しめる時期となってきます。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

2024年4月13日は旧暦3月5日です。二十四節気 次の「穀雨」は4月19日から。

子どもの遊び道具となった切板絵。身近にどんな道具があったかよくわかります。 二十四節気にあわせた江戸の暮らしの一端を1日1本お届け中

Copyright やまね洞 2023 All Rights Reserved.